ラブサーチ 結婚
ラブサーチが51%OFFに!?

ラブサーチでは、

6月30日までの期間限定で会員料金が半額以下になるキャンペーンを実施中。

登録を検討していた方は今すぐチェック!

ラブサーチは今年で19年目を迎える老舗出マッチングサイト。

出会い系サイトと言われていましたが、マッチングサイトのほうが最近はしっくりきますね。

そもそも返事が来るか、ましてリアルに会うところまで行くか。。。と疑心暗鬼になっている人もいるはず。

結婚なんてあり得ないでしょ!?と思うかもしれません。

ラブサーチで結婚までした人がいるのか、婚活サイトとしてどうなの?ってところを解説していきます。

ラブサーチで結婚した人の実話

私はバツイチで子供がいません。

前回の結婚でとても辛い思いをしたので、再婚願望がなかったのですが、恋人か趣味友が欲しいと思いラブサーチに登録しました。

結婚の約束はできないことを条件にプロフィールを投稿し、連絡をくれたのがIさんでした。

Iさんは最初のメールから誠実で好印象を持ちました。

Iさん自身も離婚歴があり、再婚の希望は無いとのことだったので、まさに理想だなと思い、メールのやり取りを始めました。

やりとりをして3週間ほどで実際に会い、2回めのデートで彼から交際の申し込みを受けました。

ラブサーチ登録時の目的から言えば、恋人が出来てここで満足するはずでした。

ですが、Iさんと過ごす時間は毎回楽しみで、〝こんな人と夫婦になったら楽しいだろうな〟と時々考えるようになりました。

それから数カ月後、〝この人は今まで出会った男性とは何かが違う、私を幸せにしてくれそう〟と感じていた矢先、彼から「貴方のことが本当に好きになり、ずっと一緒にいたいと思っています。貴方のペースでいいので僕との再婚を視野に入れてもらえませんか」とまさかの告白を受けました。

驚きましたが嬉しく、私は二つ返事でOK。

その後それぞれの両親にお互いを紹介し合い、同棲する運びとなりました。

今年に入り、改めて正式にプロポーズをしてくれ、快諾。春先に夫婦となりました。

彼女と一週間くらいメールをしたあとに初めて会うことになりました。

初めて会ったとは思えないくらい話が弾み気が付いたらお互い手を繋いで歩いていました(笑)

ちなみに彼女の写真とかは一度も要求したりしたことはなかったですし、付き合うつい1週間前くらいにアドレスを交換したくらいです(笑)

何故かアドレスを聞くまでもなくやりとりしてたので交換するまでもないかなー?ってお互い話ていました(笑)

そして暫くして俺から告白して付き合いが始まりました。

ディズニーシーに行ったり、ディズニーランドに行ったり沢山沢山デートしました(笑)

ほぼディズニーしか行ってないような気もしますが♪

それから月日がたち2013年2月3日にディズニーシーのバレンタインナイトというイベント会場で自分のメッセージが投稿できるということで、そこで彼女にプロポーズをしてオッケーをもらったときは本当に嬉しかったです♪

出会いのきっかけは2011年の4月に妻から届いたメールでした。

お互い住まいが近いということもあり、メールを重ねるうちに一度会ってみようということになって待ち合わせをしました。

初めて会った時には、まさかこの子と結婚することになるとは思ってもみなかったです。

その後、私の方から告白して交際が始まり、同棲するようになり、二人で日々を過ごしていく中で「結婚」という意識が少しずつ生まれていきました。

当時私は出張が多い仕事で、地方に泊まり込みをすることが多かったのですが、交際し始めて1年程経った頃、出張先のホテルから夜電話でプロポーズをしました。

その後帰宅した時に改めて気持ちを伝え、OKをもらいました。

それからは家族に報告をしたり、結婚指輪をプレゼントしたり、式場を決めたりと、結婚に向けての準備段階を経て、 2013年の七夕に二人揃って婚姻届を提出しに行き、晴れて夫婦となりました。

そして、2ヶ月後の9月8日に沢山の人に見守られながら無事に式を挙げることができました。

結婚してから1年ほど経ちましたが、我ながら立派な式を挙げられた事を今でも嬉しく思いますし、今後も二人で幸せな家庭を築いていけるよう 夫としてより一層努力しないとと感じながら日々を過ごしております。

ラブサーチの公式サイトで紹介されている体験談を一部抜粋させていただきました。

 

まだまだあるようなので気になる方は公式サイトでチェックしてみてください。

>>ラブサーチ[18歳以上]

最後に1つ。

これは管理者の知り合いの実話です。

まさか結婚まで、と思っている人へ

私はラブサーチを通じて主人と出会いました。

今ほどマッチングアプリが主流でない頃(5年ほど前)だったので、出会い系サイトを使っているなんて誰にも言えませんでした。

 

ラブサーチを通じて実際に会ったのは2人。 主人ともう1人。

主人はラブサーチに限らずomiaiやほかにも昔からある出会い系サイト・アプリを使っていたようです。

 

お互い、暮らしてきた環境も生活も全く異なり、普通にしていたら絶対出会えない相手でした。

しかし、根本的な価値観やこれまでの経験に共通点があり、深いところで分かり合えました。

 

気がついたら同棲をするようになり、気がついたら夫婦になっていました。

何かに導かれるように、ずっと昔から知っていたみたいに自然と一緒にいるようになりました。

 

今でも、たまに出会ったきっかけを思い出し、ラブサーチだったね。と思い出を語り合います。

ネットで出会った人と、ただそれだけのつながりの人と結婚するなんて夢にも思いませんでしたが、今では家族ともどもみんな仲良しです。

 

リアルな出会いでは、学校や会社、自分が住んでいる地域など、ある程度狭められると思います。

ラブサーチ含め、ネットでの出会いは環境も考え方も地域も全然違う人との出会いがあります。

もちろんメリットデメリット両方あるかもしれませんが、私は、普通に生活していたら決して出会えなかったであろう主人に出会えました。

 

どこに「結婚相手」がいるかは分かりません。

固定概念をとっぱらって、一歩踏み出してみると新たな道が開かれるかもしれませんよ!

ちなみに

私も知り合いもラブサーチの回し者ではありません。(※もちろん社員でもないです)

管理者はwithやペアーズ、マリッシュなども使っており、そちらのアプリについても解説するサイトを運営しています。

ただ、自分自身が出会えたこと、知り合いが結婚したのを目の当たりにしたことから、ラブサーチを語るときはついつい熱くなってしまいます。

 

質問や相談などありましたらいつでも気軽にどうぞ!
お問い合わせ

ラブサーチは結婚向きか?恋愛向きか?

マッチングサイトや恋活アプリの中には、3パターンあると思っています。

結婚向き(婚活メイン)

恋愛向き(恋活メイン)

遊び向き(友達探し、割り切った関係など)

 

このうち、ラブサーチはどれだろう?って話ですね。

例えば、真剣に婚活したいアラサー女性が学生中心の遊び・恋愛モードの恋活アプリを使ったら・・・?

なかなか出会えなかったり、目的違いでしっくりこなかったりするはずです。

 

ラブサーチは、ずばり、どのパターンかというと、結婚向き(婚活メイン)だと言えます。

結婚相談所では費用も時間もかさみますよね?

どんどん結婚していって合コンする仲間も減ってきた・・・

手軽なところでマッチングアプリや婚活サイトを使ってみたいけど、結婚までってなると難しい?

そんな人には1度ラブサーチを試してみてほしいな、って個人的には思います。

ラブサーチが婚活にも使える理由

ラブサーチは結婚向き(婚活メイン)のサービスである、と話しました。

・ラブサーチは年齢層がやや高め

ラブサーチの年齢層は男性が30代40代。女性がアラサー以降。

10代20代前半と違い、年齢的にも結婚を意識しているであろう男女が多く登録していることがあげられます。

目的を同じくする人が多いほど出会える確率は高まりますよね?

参考記事:ラブサーチの年齢層は?10代から50代の中でのボリュームゾーンは?

 

 

・ラブサーチは男女ともに結婚や出会いに真剣な人が多い

ラブサーチはポイント制ではなく、完全定額制。

そのため、出会いではなくポイント稼ぎを目的とするいわゆるキャッシュバッカーはいません。

サクラも0で、男女ともリアルに出会いたい、つながりたいという男女が多いです。

 

 

・収入面でも余裕がある人が多い

年齢がやや高めなこともあってか、収入面で余裕のある男性が多いです。

女性も学生は少なく、自立して生活している人が多いので、経済的にもお互い将来を見据えやすいのかもしれません。

※もちろん個人差はあります。

 

 

・地方でも会員がいる

出来立てのマッチングアプリや会員数の少ないサイトだと地方のユーザーがほとんどいない、なんてこともあります。

東京や大阪、名古屋など都心部で会員数が多いのは当然ですが、老舗で地方でも十分な会員数があるラブサーチだからこそ出会いやすさもアップ。

地方在住の人でも、自分が住んでいる地域、隣県で出会える可能性はあるので、リアルな出会いにも結び付きやすいですね。

 

\婚活の1つの手段として使ってみる/
ラブサーチ
※18歳以上

婚活中の人におすすめのラブサーチの活用方法

ラブサーチは婚活にも十分使える、という話をしてきました。

管理者のおすすめは、同時進行で様々な方向から出会いを求めること。

 

具体的には

・合コン・街コンへの参加

最近では趣味や年齢・職業別に出会いパーティーなんかも定期的に開かれていますよね?

リアルに出会いを探すのも同時に行います。

 

 

・同窓会への参加や友人との交流

人脈を広くもつことで、紹介を受ける可能性もあります。

たまには同性同士で飲みに行く、なんていうのもいいかもしれません。

 

 

・ラブサーチ

ネットでの出会いは時間も自由がきき、金銭的にもリスクが低いです。

リアルな出会いだけでなく、ネットでの出会いも取り入れましょう。

自分の周りの環境だけでは出会えないような出会いが待っているかもしれません。

 

ラブサーチは女性は完全無料

無料なのに安全で、それなりに出会えるので使っておいて損はありません。

ラブサーチの男性料金は、月額3,000円ちょっと。

※プランによってはもう少し安い

アプリの中ではコスパが高いです。

いいね!やメッセージが送り放題なのも嬉しいですよね。

参考記事:ラブサーチ料金表|おすすめ料金プランはコレだ!

 

 

・ほかのマッチングアプリ

予備的にポイント制の恋活アプリなども試してみると、それぞれの会員の違いが分かってきます。

男性の場合は、料金が発生してくるので、アプリの同時使いは2つ3つが限度でしょう。

他のマッチングアプリを使うことで、自分に合う合わないも見分けられるはず。

 

 

こんなに同時進行!?と思われるかもしれませんが、より出会う人の幅を広げるためにはやっておいていいと思います。

もちろん時間や財布が許す範囲で。

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。

素敵な出会いがありますように☆

おすすめの記事